WordPress

WordPress Google Analytics(アナリティクス)

更新日:

Google Analiticsの使い方

Googleアナティリスクは、自分のサイトのアクセス数や
どんな記事にアクセスが集まっているかなど、
こまめにチェックしていき、
サイトの状況を把握して改善に役立たてられるツールです。

メリット

  1. 「どのページにアクセスが集まっている」
  2. 「どのページがランディングページとなっている」
  3. 「離脱率が高いのはどのページ」
  4. 「どこからのアクセスが多いのか」
  5. 「ユーザーはPC利用者が多い、又はスマホ利用者が多い」
    といった事を確認することができます。

登録方法

本紹介は「Wordpress」を前提に登録します。

  1. Googleアカウントでログインします。

    gmailがあればログイン可能ですが、AdSenseのアカウントで、
    インストールツールをで統一すると管理がしやすいです。

  2. 次に下記赤←に自分情報を入力して下さい

    [トラキンッグ対象]:ウエブサイト
    [アカウント名]:アナリティスクを使うアカウント(ログインのアカウント)
    [ウエブサイト名]:AdSense取得時のサイトのサイト名
    [ウエブサイトのURL]:AdSense取得時のサイトのURL
    [業種]:最も近い業種を選択
    [レポートのタイムゾーン]:日本でしょうね
    上記入力後[トラキングIDを取得]をクリック
  3. その後、画面が変わり、利用規約の画面が表示されるので、
    国を「日本」に設定して「同意する」ボタンをクリックしてください。
  4. Google Analytics(アナリティクス)の管理画面が開き、「トラッキングコード」が表示されます。
  5. WordPress管理画面からhead.phpを選択し、
    <body>の直前(<head>の最後)に貼り付けします。

    以上で終了ですが、データが反映されるまでに24時間ほどかかります。
    お待ち下さい。


スポンサーリンク

マナブ記事広告g1




使い方

1.[ユーザー]

セッション数:自分のサイトに何回訪問があったか

ユーザー数:自分のサイトへの訪問者数

ページビュー数→自分のサイトを何ページ見られたか
PVと略し、アクセスの指標となる

ページ/セッション数→1回の訪問あたりのページ数

平均セッション時間:1回の訪問あたりの滞時間

直帰率:1ページだけ見て帰った訪問者の割り合い

新規セッション率:新規訪問者の割り合い
円グラフにて表示

2.[集客]

集客では、ユーザーがどこからアクセスしたかわかります。

Organic Search:Googleなどの検索エンジンでのアクセスです。

こちらの「Organic Search」をクリックすると、どのようなキーワードで検索してきたのかわかりますが、「Search Console」がインストールされていれば、もっと詳しく見ることも可能です。

Social:FacebookやTwitter、はてなブックマークなどのSNSからの流入の割り合いが分かります。

Referral:Socialや検索エンジン以外からの参照元サイトからの流入の割合です。

Direct:特定の参照元サイト(リンク元)がない場合のアクセスです。
ブックマークからの流入やURLを直接入力しての流入など。

全てのトラフィック:より詳細なアクセス元を特定したデータです。

Adwords:Adwordsとの連携により、ユーザー属性や興味関心カテゴリの統計データが見れます。

Search Console:サーチコンソールとの連携により、検索キーワードなど見れます。

3.行動

自分のブログで、どのページがアクセス数が多いかが分かります。

ランディングページ:ページ毎のPV数が見れます。

離脱ページ:ブログを最後に見たページのPV数などがわかります。

 

 

マナブ記事広告g1




マナブ記事広告g1




-WordPress

Copyright© なぞなぞとPHP開発 , 2018 All Rights Reserved.