PHP

初めてのPHPプログラミング 5.2 繰り返しと配列

更新日:

数字がキーとなっている通常配列における繰り返しは、

for文で以下のように組めます。

$friends = ("aさん","bさん","cさん","dさん","eさん");
for($i=0 ;$i < 5;$i++){
  echo $friends[$i]."<br>";
}

1行目で配列を作成します。
先頭である$friends[0]の値は「aさん」、
末尾である$friends[4]の値は「eさん」です。

2行目のfor文は$iの値が0から4まで
繰り返し処理する構文です。

この0から4がキー番号となります。

連想配列

連想配列とは、キーが数字ではなくて文字列の方が
わかりやすい場合があります。

たとえば、5教科(国語、数学、理科、歴史、英語)のテストの成績を
配列で表現したいとき、
キーが数字だと、0番目は数学なのか国語なのかわからないですね。

こうしたとき、キーを文字列にするとわかりやすくなりますよね。

これを連想配列と言います。

作成は、通常の配列と同じく二つの方法があります。

array関数を用いる方法と、[]で直接入力する方法です。

$result = array (
"japanese" => 70,
"math" => 50,
"science" => 85,
"history" => 90,
"english" => 75,
);

$result["japanese"] = 70;
$result["math"] = 50;
$result["science"] = 85;
$result["history"] = 90;
$result["english"] = 75;

スポンサーリンク

マナブ記事広告g1




foreach文と連想配列

以下のPHPのコードを入力して、実行して下さい。

test6.php
 <html>
<head>
<meta http-equiv="Content-type" content="text/html; charset=UTF-8">
<title>test6.php</title>
</head>
<body>
<?php
  $results = array(
 "japanese" => 70,
 "math" => 50,
 "science" => 85,
 "history" => 90
 );
  foreach ($results as $subject => $score){
   echo $subject.":".$score."<br>";
  }
?>
</body>
</html>

 foreach(配列 as キーの変数名 => ループ内変数名 ){
処理
}
配列の各要素を繰り返し取り出すことが可能です。

マナブ記事広告g1




マナブ記事広告g1




-PHP

Copyright© なぞなぞとPHP開発 , 2018 All Rights Reserved.