PHP

初めてのPHPプログラミング 3. データの受け渡し

更新日:

3.1 フォームからの受信

次に習っていただくのは、 クライアント(PCなど端末側)から
入力されたデータを受け取り、 表示させるようなプログラムです。

電卓を作ろう

今まで習ってきたコードと、 このデータの受け渡しコードで、
 自分の電卓を作りましょう。

掛け算を考えましょう。

細かく書きます。

  1. パソコン(クライアント)に表示されている電卓画面を表示させる。
  2. その画面の入力フォーム1に数値1を選択する。
  3. その画面の入力フォーム2に数値2を選択する。
  4. その後、掛け算のボタンを押すと、クライアントが、先ほどの数値1と2及び掛け算の入力されたデータを、
    サーバーにリクエストする。
  5. サーバで3つのデータを計算し答えを求める。
  6. 求めた、計算したデータを再度クライアントのパソコンに表示させる。

 以上が今回のプログラムですが、上記1.から4.はHTMLファイルで、
5.から6.はPHPプログラム(ファイル)です。

HTMLプログラムの知識が必要ですが、以下のHTMLのコードで勉強しましょう。


スポンサーリンク

マナブ記事広告g1





 

以下のHTMLコードを新規作成して下さい。
またPHPファイルと同様に
C:\xampp\htydocs\phptest”の配下に保存して下さい。

またエディタもHTMLモードにして下さい。

dentaku1.html

1 <html>
2 <head>
3 <meta http-equiv="Content-type" content="text/html; charset=UTF-8">
4 <title>dentaku1.html</title>
5 </head>
6 <body>
7 <form action="./dentaku1.php" method="post">
8 <label>数値1:<input type="number" name="num1"></label><br>
9 <label>数値2:<input type="number" name="num2"></label><br>
10<input type="radio" value="+" name="ca">+<br>
11 <input type="radio" value="-" name="ca">-<br>
12<input type="radio" value="*" name="ca">*<br>
13<input type="radio" value="/" name="ca">/<br>
14<input type="submit" value="計算">
15</form>
16</body>
17</html>

さらに次のPHPコードを入力して下さい。
そして、"http://localhost/phptest/dentaku1.html"を実行して下さい。

dentaku1.php
1<html>
2<head>
3<meta http-equiv="Content-type" content="text/html; charset=UTF-8">
4<title>dentaku1.html</title>
5</head>
6<body>
7<?php
8  echo"次のデータを受け取りました <br>\n";
9  $numb1=$_POST["num1"];
10  $numb2=$_POST["num2"];
11  echo "数値a:".$numb1."<br>";
12  echo "数値b:".$numb2."<br>";
13  $ans=$numb1*$numb2;
14 echo "答え:".$ans."<br>";
15 ?>
16 </body>
17 </html>

 上記のHTMLファイルを実行して下さい。

”http://localhost/phptest/dentaku1.html”

どうですか入力した数値1,2の掛け算の答えがでましたか?

HTMLファイル説明

 <form ~</form>タグまでの記述をフォームと呼び、フォームの中には

  1. テキストボックス
  2. ラジオボタン
  3. チェックボックス
  4. ボタン

などが<input~タグで配置できます。
name="nn"や"ca"のnn、caでPHPファイル側と名称を合わせます。
今回はcaは使っていませんが。

<input type="submit" value="計算"で、計算のボタンにより、
データがリクエストされます。

また、<form action="AA.php" method="YY"> のように
AA.phpでリクエストするPHPファイル名を指定し、
YYの「POST」か「GET」で、データを渡します。

「GET」はURLの一部で表示され、
データ長は255文字までとなり、複雑なものには向いていません。

「POST」はデータがURL上に表示されなく、セキュリティ的に安全です。
文字の制限もないので、「POST」利用が多いかもしれません。

PHPファイル説明

HTMLファイルから起動されたPHPファイルは、$_POST["nn"]で、

データを受け取りHTMLのname="nn"で合わせます。

数値1をnum1、数値2をnum2でお互い合わせています。

このように、HTMLで入力されたデータは、サーバーでPHPで計算

され、PHPでクライアントに表示することが出来ます。

 

 

 

マナブ記事広告g1




マナブ記事広告g1




-PHP

Copyright© なぞなぞとPHP開発 , 2018 All Rights Reserved.