PHP

初めてのPHPプログラミング 2.4 文字結合

更新日:

2.4 文字結合

次のプログラムを新規作成して下さい。

そしてブラウザからアクセスして実行して下さい。

test3.php

<?php
//case1
echo "初めてのPHP";
echo "プログラミングを学ぶ";
echo "<br>";
//case2
echo "Webプログラミングには"."最も適している言語"."<br>";
//case3
$name1 = "HTMLに";
$name2 = "PHPコードが埋め込められる";
echo $name1.$name2;
echo "<br>";
//case4
$name = "簡易でわかりやすい文法";
$name .="と充実した関数郡の存在";
echo $name;
echo "<br>";
?>
  ↓ブラウザ表示 

上記のプログラムは、case1~4までの4種類の方法で作成しています。

二つの文字列を繋いで表示させるプログラムです。

皆様のパソコン、ブラウザから結果を見てみると、無事に繋がってますか?

このように、文字が繋がっていることを"文字列結合"と言います。

それぞれのcaseを見てみましょう。

case1:
 普通の画面表示命令echoを続けても、文字列は繋がってしまいます。

"しまいます"と言うのは、
これはHTML言語での表示になり、HTMLでは改行<br>タグ
がないと繋がって表示されてしまうからです。

case2:
 左右のダブルクォーテーションで囲まれた文字列を、
結合する演算子"."(連結演算子)を使用した例です。

case3:
 $name1の変数に"HTMLに"を入れ、
これを代入と言い、"="を代入演算子と言います。

$name2の変数に"PHPコードが埋め込められる"を代入し、

case2で紹介した演算子"."で結合したものです。

case4:
 結合代入演算子(".=")を使用した結合で、
これは右側の引数に左側の引数を追加するものです。

右側の引数とはこの場合

$nameであらかじめ"簡易でわかりやすい文法"が代入されていて、

その$nameに左側の引数

"と充実した関数郡の存在"を追加(結合)したものです。


スポンサーリンク

マナブ記事広告g1




HTMLのコード(ソース)

前述の文字列結合において、

ブラウザ表示して下さいと言いましたが、

これは、サーバーにあるPHPのコード(ソース)が、

クライアントに画面表示させるために、

HTMLのコード(ソース)クライアントに送り、

クライアントのブラウザ(IE、Chrome)が

そのコードを実行して画面に表示させているのです。

IE、Chromeの表示画面を右クリックで、

[ソースの表示][ページのソースを表示]で、

現在画面に表示されているHTMLのコードを

見ることができます。

実際に、test3.phpのHTMLコードを見てみましょう。

test3_HTMLソース

これが、画面にweb情報を表示させているHTMLのコードです。

PHPはこのコードをサーバーで作って、クライアントに渡しているのです。

このコード(ソース)見にくいですね。

HTML表示はきれいに縦で表示されているのに、

このコード(HTMLのソース)は横に繋がっています。

コード(ソース)も見やすくするために、

PHPのコードに”¥n”を付け直しましょう。

次のようにtest3.phpをtest3_1.phqに変えて下さい。

test3_1.phpとHTMLソース
 

<?php
//case1
echo "初めてのPHP";
echo "プログラミングを学ぶ";
echo "<br>\n";
//case2
echo "Webプログラミングには"."最も適している言語"."<br>\n";
//case3
$name1 = "HTMLに";
$name2 = "PHPコードが埋め込められる";
echo $name1.$name2;
echo "<br>\n";
//case4
$name = "簡易でわかりやすい文法";
$name .="と充実した関数郡の存在";
echo $name;
echo "<br>\n";
?>
 ↓ブラウザ表示

”¥n”はHTMLの言語ではなく、php側の言語であり、

HTMLのソースを見やすくするものだと、

思って下さい。

上記な例は簡単なコードですが、

今後複雑になっていくと、

phpコード自体の見やすさや、

HTMLコードの見やすさを考える必要があります。

またさらにHTMLを意識するために、

今後この講座ではHTMLの記述も少しずつ増やしていきます。

上記test3_1.phpは以下のtest3_2.phpと書き直しして下さい。

test3_2.php

<html>
<head>
<meta http-equiv="content-type" content="text/html;chareset=UTF-8">
<title>test3_2</title>
</head>
<body>
<?php
//case1
echo "初めてのPHP";
echo "プログラミングを学ぶ\n";
echo "<br>\n";
//case2
echo "Webプログラミングには"."最も適している言語\n"."<br>\n";
//case3
$name1 = "HTMLに";
$name2 = "PHPコードが埋め込められる\n";
echo $name1.$name2;
echo "<br>\n";
//case4
$name = "簡易でわかりやすい文法";
$name .="と充実した関数郡の存在\n";
echo $name;
echo "<br>\n";
?>
</body>
</html>

HTMLのmetaタグを利用して、PHPのコードを記述している文字コードを"UTF-8"に設定しています。

マナブ記事広告g1




マナブ記事広告g1




-PHP

Copyright© なぞなぞとPHP開発 , 2018 All Rights Reserved.